金曜日, 5月 24, 2024

エンジニアは早期のキャリアプランニングが必要

IT業界で中心的職種として活躍するエンジニアは、システムエンジニアやサーバーエンジニア、ネットワークエンジニアなどさらに細かい職種に分類される。それぞれが各分野の専門として、システムやアプリケーション開発に貢献している存在だが、こうしたエンジニアの仕事はいまや国内でも非常に多い。

しかし、エンジニアをはじめとする国内のIT人材は不足の傾向にあり、即戦力となるエンジニアは常に求められている状態だ。そうした現代で働く現役のエンジニア達は、自身の希望とする年収や待遇を求めて市場価値を高めようと努力しているが、それと同時に大切なのがキャリアプランニングである。

キャリアプランニングとは、自身の将来目標とするキャリアを実現させるための長期的な計画を立てることだ。長期の仕事をこなす場合、節目に目標を立てておくとモチベーションも上がり、自分の得手不得手も見えてやるべきことが明確化される。それと同じで、キャリアプランニングを行うことで目標が定まるため、今の自分に不足するスキルが見えてくる。それを補うために、どのようなキャリアパスを通るべきか、何をやるべきかが分かってくる。

そのキャリアで習得すべき知識もここで分かるため、何も考えずに毎日仕事をするよりも、よほど生産性は高くなるのだ。将来のことを考える余裕がないほど忙しい人もいるかもしれない。しかし、少しでも時間ができた時は、将来を明るくするためにもこちらのサイトなどからヒントを得て、自分なりにキャリアプランニングを進めてみてほしい。