金曜日, 5月 24, 2024

フリーランスの魅力と求められるスキルや考え

近年IT業界では、会社員としてではなく独立してフリーランスになって働く人が増加傾向にある。一見、独立すると聞くとリスクも高く厳しそうなイメージもあるが、多様な仕事形態がある現代では誰でも容易にフリーランスになることができる。フリーランスになる人が増えるのは、相応の魅力があるからだ。

特に大きい魅力といえるのが、会社員とは違い仕事時間に縛りがないことだろう。IT業界でフリーランスになると業務委託契約として仕事を契約することが多く、成果物を期限までに納品さえすれば、その過程の勤務時間は問われない仕事形態である。そのため、普段は仕事をしている平日を休みにしたり、朝が苦手な人は午後から仕事を始めたりといった自由な働き方が可能になる。

仕事時間を減らしつつ、プライベートの時間を充実させるといった生活も可能となり、理想のワークライフバランスを実現できるようになる。普段仕事漬けの会社員からすれば、多少憧れる働き方ではないだろうか。

しかし、このような魅力がある一方で、フリーランスが安定した収入を得るには求められるスキルも多い。仕事に使う知識や技術は高いレベルで保持しなければならないし、新たに案件を獲得するための営業力などのビジネススキルも必要だ。一人で安定した収入を得るためには、こうしたビジネススキルを継続的に磨きつつ、業務自体も高いレベルでこなす覚悟が大切である。これらを乗り越えて、魅力に溢れる仕事ができるようなフリーランスを目指そう。